赤ちゃん生まれてもパパの自覚なさすぎ、なんで?

母親は赤ちゃんを身に宿した時から、十月十日を経て、少しずつ自分が母になっていく実感を得ることができますよね。それでも生まれた赤ちゃんに対して、初めてのことばかりで、とまどったり、悩んだり、疲れたり、おかしくなったりする。

一方男性は、妻の大きくなるお腹をみているとはいえ、所詮他人ごと。自分の身体に起こっていることではないので実感がわかない

私の友人は、初めての出産直後に夫くんが「かわいいね、もう一人ほしいな」と能天気に言ったことに怒っていました。どんだけ大変な思いして、やっと産んだと思ってんのよ。もう一人ってなに?今そんなこと考えられるわけないやん。

私の夫は、やっと産まれてほ~っとしてた私に「赤ちゃん、宇宙人みたいだね」ってこれまた素直にひとこと。何いってんの~、私のかわいいかわいい息子が宇宙人??(まぁ、ちょっとそうだけど)でもその言い方ないよね~。

とまぁ、男性ってこんな感じ。妻の出産の大変さも、すでにできている母子の絆もわからない。(でも出産に立ち合った夫なら、生まれたばかりの赤ちゃんに対する思いは、母親に近くはなっているのかもしれませんね。)

赤ちゃんに対面した時にはママはもうしっかり母親の実感ありあり。対してパパは?赤ちゃんっていきなり目の前に出現した、なぞの生き物なんですよね。

子供が生まれて、周りにパパと呼ばれ、パパに似てるね~なんて言われる。そして目の前の生き物が泣いたり笑ったりするのをみたり、恐る恐るその世話を手伝ったりする。

そうしてやっと少しずつ父親の実感がでてくるんですよ。だからそんな状況を理解してあげて、パパを急かさないでください。

スタート地点が違うことを認めてあげてください。あなたはもう随分前にスタートを切って夫よりかなり前を走っています。夫はまだやったスタートラインにたったところなのです。

一緒に走っていきたければ、夫がおいついてくるのをのんびり待つような気持ちで、少し力をぬいて、ゆっくりめに走ってみませんか?たまには伴走してあげるのもいいですね。

子育ては一人ではできませんから。

まとめ:パパが父親になるのは、ママが母親になるよりずっとあと